私がおかれている状況に対して感じることを書こうと思います。

私は今第二子を妊娠していて、六ヶ月目に入りました。
そして、第一子の時は全くなんともなく産まれてきたのですが、今回は入院をすることになりました。

絨毛膜下血腫という血のかたまりがあるため、そこから赤ちゃんにバイ菌が入ると流産や早産になりかねないとのことでした。

今回は血腫も大きかったので約二ヶ月入院しました。
今は何かあったら困るので早めに里帰りをし、実家休養しています。
お風呂と食事とトイレ以外は安静にしていなければならないために、することも限られてくるのですが、私は今回この時期に時間ができたのだから、おもいっきり自分のために休もう!と決意しました。
今まで子育てなどに負われ、自分のゆとりがなかった分、今を楽しみたいと思っています。

出産後は忙しくなるし、ますます自分のことに時間を作る余裕がなくなると思うので、それまでの時間を有意義に過ごします。
こうなってしまってから気がついたことは、私はいろいろな人に支えられているのだな、健康がどんなに大事なのだろうか、と言うことです。
食事を作ってくれる人がいて、上の子を見てくれる人がいて、仕事を頑張ってくれている人がいて、それだけで私は何て恵まれているのだろう、と哲学的なことを考えるようになりました。

時間がないときはそんなこと考えていられませんが、今はそういうしみじみとしたことも考えることができています。
きっと、神様が「ゆっくり休みなさい」と言ってくれているのだろうと思って、出産するまでは甘えようと思います。
お腹の中の赤ちゃんも「お母さん、休んでね」と言ってくれているのだと思います。

性別はついこの間判明して、男の子と言うことがわかりました。
上の子も男の子です。私は性別よりも、赤ちゃんが健康で無事に生まれてくれればそれでいい、と感じています。それだけで幸せです。

今回の妊娠を気に、そういうことを感じました。命の大切さが身にしみてわかったような気がします。